金庫メーカー エーコー

Burglar-proof 耐破壊性能 <防犯対策>

万一のとき、普段の家具やクローゼットに入れていたら...
失っていたかもしれない


耐破壊試験-作業風景

扉のこじ開け破壊15分
耐破壊試験合格

金庫破りで最も多い手口は、丁番を切断し、短時間で
扉と扉枠のすき間をこじ開けようとする破壊行為です。
扉周囲に対する破壊を想定し、バールや金切ノコなどの
特定工具からの攻撃をから15分間耐えるレベルの
耐破壊構造を有しています。

耐破壊試験 JIS/日本工業規格(S-1037:2013)

※試験時間には、工具の準備・取り換え、破壊手段の検討、
 安全予防に要する時間、休憩時間は一切含まれません。


なぜ攻撃時間は15分間?

空き巣が建物に侵入し犯行を完了、もしくは諦めるまでの
所要時間は長くても15分というデータがあります。
また、使用する工具は怪しまれずコンパクトで持ち運びが
できる簡易的な工具となります。
玄関の鍵、窓のクレセント錠を破壊し室内に侵入、金庫へ
辿り着き破壊をおこなうという時間を総合的に判断し、
15分間と定められています。



扉内側/カンヌキ

極太な閂(カンヌキ)と
モータードライブ駆動

金庫特有のΦ28mm極太カンヌキが上下・戸先側に計5本が
突出して、扉を強固に施錠します。
扉の開閉時に、鍵を回したりハンドルを動かす必要がなく、
ロックシステムの信号でモーターが駆動しカンヌキを
自動で出入りさせます。


TOP